風疹を ワクチンで予防しましょう! 当院は風疹の予防接種を行っています。詳しくはこちらへ
女性専用の薄毛治療薬パントガーのご紹介。 当院は女性の脱毛症・薄毛治療に取り組んでいます。詳しくはこちらへ
男女兼用の防臭ステックD-barのご紹介。皮フ汗臭、制汗、わきが(腋臭)、足のにおいに効果的です。 詳しくはこちらへ


エキシマ光線療法

 

認知症のリスクを知って、予防しましょう。


65歳以上の認知症患者が2025年には約700万人(約5人に1人)に増加すると予測されています。



APOE遺伝子とアルツハイマー型認知症の関係


アルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)は、アミロイドβペプチドという老廃物が脳に蓄積し、神経細胞に障害を与えることが原因で発症することがわかってます。

アミロイドβペプチドの蓄積や凝集に関わる物質のひとつが、アポリポタンパク質Eです。 それを司るAPOE遺伝子型には、おもにイプシロン2、イプシロン3、イプシロン4の3種あり、2つ一組で遺伝子型を構成しています。

イプシロン4の有無とアルツハイマー病発症との関係を調べると、イプシロン4をまったくもたない遺伝子型に対して、イプシロン4を1つないし2つもっている遺伝子型のアルツハイマー病発症リスクは、最大12倍高くなると言われています。




APOE遺伝子検査とは?


あなたの持っているAPOE遺伝子型を調べ、アルツハイマー病発症リスクを知り予防につなげるのが、APOE遺伝子検査です。
検査を受けるには、医療機関で5mLの採血をし、2~3週間後に医師から説明を受けることができます。




APOE遺伝子検査はアルツハイマー病の発症リスクを調べるものであり、将来の発症の有無を判定するものではありません。またイプシロン4遺伝子型があったとしても、必ずしもアルツハイマー病を発症するわけではありません。
アルツハイマー病の発症は遺伝子要因以外に加齢や生活習慣なども関係しています。また、糖尿病や高血圧がアルツハイマー病のリスク因子と言われています。
生活習慣の改善など適切な予防を行えば、アルツハイマー病の発症を防ぐことや遅らせることができると最近の研究でわかっています。
アルツハイマー病発症と関係の深いAPOE遺伝子検査を受け、リスクを知り予防に繋げましょう。



料金案内


APOE遺伝子検査

1回

¥16,000(税別)



皮膚科  形成外科  内科  外科 
〒105-0003東京都港区西新橋1−5−9 TSビル4F
  TEL03-5251-8256

HOME クリニック案内 院長紹介 診療時間 交通アクセス 料金表 治療項目一覧